駐車場常時3台完備!※午前中は5台の駐車スペースあり 近鉄橿原線「新ノ口駅」徒歩約5分!!
痛みを根本から治療する秘密 プロテクノ・エグゼはプロ野球選手、Jリーガー、格闘家の方たちも愛用しております!!

スポーツ障害・外傷

スポーツ中に起こる身体の故障は特有なものがあり、痛みを隠し身体に無理な負担をかけると、打撲や捻挫・筋の炎症・骨折だけでなく後遺症などの障害が残る場合もあります。

当院は小学生、中学生、高校生、大学生、社会人の方まで、幅広く治療を致します。私も昔スポーツをしておりましたので、スポーツ障害・外傷は得意としております。

競技別の主なスポーツ障害

肉離れ
野球肩・肘
ジャンパー膝
テニス肘
シンスプリント
捻挫
打撲
脱臼
突き指

肉離れ

原因

筋力低下や筋肉の柔軟性の低下、運動前のウォーミングアップ不足が原因として起こります。運動を行う前にしっかりとストレッチをする事や筋力をつける事で肉離れの予防に繋がります。

治療法

肉離れになった際は早めの処置をする事が、基本的な肉離れの治療になります。患部の冷却、適正な角度での固定が応急処置で必要になります。固定の期間が終わると、電気による刺激を与えたり、肉離れの硬縮をとるといった治療法を行います。

野球肩・肘

原因

投球のしすぎにより蓄積した疲労が野球肩の大きな原因です。投球の動作は少なからず肩の関節に負担をかけます。肩や肘を痛めていない選手でも投げることにより、肩の関節組織は微小ながらも損傷を受けております。さほど損傷の程度が酷くなければ、痛みも発生せず、その部位は自然治癒します。練習量の多い方に多い特徴ともいえます。

治療法

野球肩、野球肘の治療は、投球練習を控えて休みを取る事が一般的ですが、過度に休み過ぎるのも回復を遅らせます。動作の中で強い痛みが伴う行動は避けて、徐々に正常に戻すことが重要です。練習を行いながら治療を行う際は集中的な治療が必要となります。また、投球フォームにより起こる事もありますので、投球フォームの改善を行うのも重要です。

ジャンパー膝

原因

ジャンパー膝は太モモの前側にある筋肉の大腿四頭筋が密接に関係していると言われております。年齢で言えば12歳前後が一番なりやすいと言われております。身体が急激に成長する時期に、過激な運動やジャンプにより成長を妨げられる事で、膝に負担が掛かってしまうのが原因と言われています。また、特に背の高い子ほどかかりやすいとも言われております。

治療法

一番効果的なのはスポーツをしない事です。膝自体を動かさずに大腿四頭筋のストレッチを行いましょう。また、膝への負担のかかる行為、ジャンプ、階段の上り下りはなるべくしないように心がけましょう。

テニス肘

原因

これまでテニス肘は多くが肘の使い過ぎと考えられていましたが、肘の使い方にも問題があるという、とらえ方もされ始めているようです。肘に繰り返し、過度な負担がかかる事により、肘の外側にある軟骨を痛めたり、内側の靭帯が引き伸ばされ炎症をおこしたり、腱に微細な亀裂が生じ、痛みが発生します。また、栄養状態や睡眠不足、筋力低下など、内部要因によるものも多いようです。

治療法

テニス肘は、骨と腱の付着部分が炎症をおこす障害ですので、まずは炎症を抑える事が重要になります。炎症を抑えるには運動を控え安静にする、サポーターを使用し動きを制限するなどの保存療法を行います。症状が軽い場合は回復し痛みも和らいできます。

シンスプリント

原因

運動をしている時や運動後に下腿の内側に慢性的な痛みがおこる事をシンスプリントと呼びます。痛みがあるにも関わらず、我慢して走っていると走る事が出来なくなり、病院で疲労骨折と診断され運動が長い間出来なくなります。主な原因としては、これまでした事がないようなハードなトレーニングをいきなりしたり、固い地面の上での過剰なランニングにより筋肉を酷使させる事が原因です。
また、ハードな運動に慣れていない選手は筋力が弱い為、シンスプリントになりやすいのです。

治療法

運動時に強い痛みがあったり、下腿内側に強い圧痛があれば、ジャンプ、ランニングを止め運動を制限しましょう。もし疲労骨折を起こしていれば運動を数か月中止しなければいけないので、治療を受ける様にしましょう。

捻挫

原因

関節の可動部分に無理な力がかかり捻挫はおきます。スポーツなどでぶつかったり、転んだり急激な力が不意に関節にかかった場合に関節の可動部分が耐え切れず捻挫してしまうという事になります。また、ひねり方は状況や人により違う為、おのずと損傷される靭帯も違うという特徴がみられます。

治療法

足首を捻挫した際は氷嚢を作り患部に当てて包帯などで固定して、足を高めに上げ安静にしましょう。氷がない場合はタオルなどを濡らし、患部を冷やしましょう。腫れや内出血を最小限に抑える事が出来ます。捻挫は自分では軽いと思っていても実は重症だったりしますので応急処置を行った後は、医院にて治療を受けましょう。

打撲

原因

打撲とは筋肉が打ちみを受けた状態を言います。強い衝撃が筋肉に加わった為に筋線維を部分的に痛めています。それが原因で炎症症状が起こり、痛みが出ます。

治療法

打ちみの箇所を安静に保ち、冷却し圧迫します。早期にこれを行う事で、止血や痛みを緩める効果があります。冷却、圧迫の際は氷嚢を患部に乗せて、包帯でややキツめに巻きます。
 

脱臼

原因

骨の位置が関節からズレた状態が脱臼になります。脱臼には衝撃などの外傷によるものと、疾患によるものがあります。外傷による脱臼は自分では動かせないほどの痛み、関節の変形がおこります。

治療法

脱臼と思っても剥離骨折を伴っている事がよくあります。やたらむやみに引っ張る事で一部欠けた骨がズレたり、靭帯を傷める事もあります。脱臼は後遺症が残る事がありますので、速やかに治療を受けましょう。

突き指

原因

突き指は捻挫の一つです。受傷の原因が指を突く事なので、「突き指」と名称されております。指を突いて受傷するので、関節の骨同士がめり込んでしまうと思っている方が多いようですが、実際には衝撃により関節がねじれたり、過度に伸ばされたりして起こる捻挫です。

治療法

突き指の基本的な治療はアイシングです。関節内の内出血を抑える事が出来れば、短期間で直す事が出来ます。患部を冷やした後は、患部を固定しましょう。

お問い合わせバナー