駐車場常時3台完備!※午前中は5台の駐車スペースあり 近鉄橿原線「新ノ口駅」徒歩約5分!!
痛みを根本から治療する秘密 プロテクノ・エグゼはプロ野球選手、Jリーガー、格闘家の方たちも愛用しております!!

山田院長 ほのぼの日記

2014年5月27日 火曜日

股関節のストレッチ

今日は股関節のストレッチを紹介したいと思いますgood


股関節は身体の関節の中でも、硬くなりやすいと言われていますwobbly


日常生活において、とても重要な役割をしている股関節note
そんな股関節が硬くなってしますと・・・


・少し歩くと痛くなる
・長時間立っているとつらい
・あぐらが出来なくなった
・前屈が出来なくなった



他にも色々と困ることがありますcrying


そうならないために必要なことは・・・


日々のストレッチですsign03


硬くなってしまった関節を柔らかくするには
すごく時間が掛かってしまいますangry


硬くなる前にストレッチをしておくことが
何より大事になりますhappy01

※もちろん硬くなってしまった関節にもストレッチは有効ですgood


image1

 




他のも、股関節に有効なストレッチはたくさんありますnote


興味のある方はご気軽にご相談下さいhappy01


投稿者 山田院長 | 記事URL

2014年5月23日 金曜日

応急処置について

今日はスポーツや職場などでケガをした場合の
応急処置についてお話しますscissors


その中でも、RICE処置と言われる、整形外科学会でも
発表されている方法を紹介したいと思いますhappy01


1.Rest(安静)




損傷部位の腫脹(はれ)や血管・神経の損傷を防ぐことが目的です。
副子やテーピングにて、損傷部位を固定します。



2.Ice(冷却)





二次性の腫脹を抑えることが目的です。
ビニール袋やアイスバッグに氷を入れて、患部を冷却します。
15~20分冷却したら(患部の感覚が無くなったら)はずし、
また痛みが出てきたら冷やします。
これを繰り返します(1~3日)。



3.Compression(圧迫)





患部の内出血や腫脹を防ぐことが目的です。
スポンジやテーピングパッドを腫脹が予想される部位にあて、
テーピングや弾性包帯で軽く圧迫気味に固定します。



4.Elevation(挙上)





腫脹を防ぐことと腫脹の軽減を図ることが目的です。
損傷部位を心臓より高く挙げるようにします。




RICE処置をいかに早く的確にするかによって
ケガの回復が大きく変わってきますsign01


自分で出来る範囲の処置をし、
それからスポーツ外傷にも強い
橋本鍼灸整骨院にお越し下さいgood









投稿者 山田院長 | 記事URL

2014年5月22日 木曜日

交通事故 無料相談所

おはようございますsun

今日は交通事故のトラブルについて、
お話させてもらいますgood


交通事故でよくあるのが
保険会社さんとのトラブルですwobbly


被害者の方がケガをされ、病院や整骨院に通院していたが、
保険会社さんから、「3ヶ月経過したので、終了します」
と言われてしまい、まだ痛みは残っていたが
通院を止めてしまうケースsad


被害者は痛みが取れるまで通院が出来るのですが、
専門的な話しを一方的に言われ、意味が分からないままに
進められ、治療が終了になってしまうcrying


こういったケースのトラブルが起きてしまっていますbomb
被害者の方が、交通事故について何も知らないのは当然ですflair


こういったトラブルを少しでも減らしていくために
交通事故に関する質問、悩みをいつでも受け付けていますscissors


もし、お困りの方がおられましたら、いつでもご連絡下さいsign01
私が責任を持って対応させていただきますsign03







投稿者 山田院長 | 記事URL

2014年5月17日 土曜日

こむら返りの対処方法

おはようございます!


今日は『こむら返り』についてお話します!
ちなみに『コブラ返り』と勘違いされている方がおられますが(^0^)
正しくは『こむら返り』です!


寝ていると夜中に足が『こむら返り』を起こし飛び起きる!
という方がたくさんおられます。
ひどい方なら毎日『こむら返り』を起こすという方もおられます。


なぜ?
『こむら返り』が起きてしますのか?


考えられる原因は3つです!

①血流が悪い
②疲労が蓄積されている
③水分不足



この3つの原因のうち2つ以上が重なった場合
『こむら返り』が起こる可能性が高くなります!



では、『こむら返り』を防ぐにはどうしたらよいか!
一番の対処方法はお風呂上り、もしくは寝る前に
ストレッチをすることです!


それだけでも全然違います!
試してみて下さい!


※あくまで自宅で出来る対処方法なので、もしそれでも
 変化がないようなら、一度当院にお越しください









投稿者 山田院長 | 記事URL

2014年5月16日 金曜日

筋損傷の分類

おはようございます!

昨日、
『足が痛くて歩けない』という患者さんが、
なんとか足を引きずりながら来院してくれました!

当院に来る前に、整形外科で受診してもらい
診断結果は『筋肉の完全断裂!』

筋損傷には分類があり、完全断裂は
その中でも一番ひどい第Ⅲ度。

完全断裂する前に治療が出来ていれば・・・

体は必ず異常が出る前にサイレンを出します。
そのサイレンを敏感に感じ、早めの治療をオススメします!

この患者さんは病院で全治1ヶ月と診断されましたが、
当院の治療で3週間で完治してみせます!

また経過は報告させていただきます!

参考までに筋損傷の分類を載せておきます!


第Ⅰ度
筋繊維の断裂は認められないが、筋が引き伸ばされた状態
筋力低下や可動域制限をきたすことは少ないが
自動あるいは他動運動の際に損傷部に不快感や
違和感、疼痛がある
(簡単に言うと「こむら返り」のようなもの)


第Ⅱ度
部分断裂損傷であり、一般には肉ばなれと呼ばれ、
完全には断裂していないもの
圧痛と腫脹がみられ、筋収縮は可能であるが、
疼痛の為収縮させられないことがある
局所に陥凹を確認できるものもある
(一般的な肉ばなれ)


第Ⅲ度
完全に断裂しているもの
筋肉に陥凹があり、強い痛みあり、
損傷部は縮み腫瘤を形成する
受傷後24時間前後に損傷部より末梢に
内出血がみられることがある
スポーツ現場を例にとると、筋断裂が
いきなり起こることは少なく、
肉ばなれを繰り返した後に起こる事が
多いと考えられている
(肉ばなれのひどい状態)

投稿者 山田院長 | 記事URL

2014年5月15日 木曜日

肩の痛みの本当の原因は・・・

こんにちは!

今日のテーマは『姿勢』です!

先日、当院に来られた患者さんです。

・主訴は野球でボールを投げると肩が痛い
・痛くなったのは何ヶ月も前から
・そのうち痛みがマシになると思い、そのままにしていた
・どんどん痛みが増してきて、ボールが投げれない
・痛みが酷くなり、日常生活にも支障が出てきた

患者さんは肩関節に問題があるものだと思い
肩を治してほしいと来院されました!

肩に痛みがあるのだから、肩に問題があるには
間違いない。

しかし、なぜ?肩が痛くなったのか?
その原因を探すことが大事になります!

色々と検査をしていくと、ひとつの答えが見えました!

問題があったのは・・・

『姿勢』です!

野球をする、ボールを投げれる『姿勢』ではなかったのが
今回の痛みの原因でした!

・姿勢が悪くなれば、肩を上げにくくなる。
・肩を上げにくいから、無理やり筋肉を使って上げようとする。
・その負担が蓄積されて痛みが出てくる。
・痛みをかばおうとして姿勢が悪くなる。

この悪循環にはまってしまったのです!

肩が痛くても、原因は肩とは限りません!

痛みの本当の原因を見つけることが
痛みを改善させる唯一の方法です!

この患者さんも『骨盤矯正』で良い姿勢を
手に入れていただきました!

         治療前                  治療後

image1image2

 

投稿者 山田院長 | 記事URL